求人はしっかり下調べをして上手に探そう

SITEMAP

Job offer

アルバイトを探していた時の事

笑う男性

学生時代にアルバイトを複数経験し、求人広告の良し悪しが文面などでわかるようになってきました。アルバイトを始めて探していた時は、とにかく時給がよかったり待遇が良かったりといった感じで、明記されている文言だけでアルバイトを決めていました。何度かアルバイトとして、入退社を繰り返していると求人の文言だけで決めるのではなく、気を付けなければいけない点に気付いてきました。
一番初めに気付いた事が、求人広告などに毎回掲載している職場はダメだという事。毎回求人に載っているという事は募集をかけても誰も来ないか、入ったけどすぐに辞めてしまっているという証拠です。こういう職場は職場の雰囲気が悪かったり、広告に記載されている内容と実務が違うかったりするのが特徴です。
次に求人広告に仕事と関係のない文章を書いている職場も気を付けなくてはなりません。「アットホームで働きやすい職場です」と謳っている所などが怪しいです。昔からいる職員にはアットホームでも新人のアルバイトには厳しいといった事があり得るからです。
求人広告の内容を疑ってばかりだと、どれが良いか分からなくなりますが、所詮アルバイトだという気持ちで軽く働いてみて自分に合う職場を見つけるのが一番最適だという事を学びました。

Trend News

電話する男性

求人は増えているが体制が。

求人は増えていますが、やはり正社員は少なくまた厳しいも…

握手

正社員は気楽じゃないです

ほんの数十年前までは、サラリーマンは気楽な稼業と揶揄さ…

眼鏡の男性

大学生のアルバイトの求人はネットで探そう

大学生のアルバイトの求人はネットで探すのがいいですよ。…

» SITEMAP